最近は年のせいか、人の見分けがつかんようになって困る。

たとえば、

飯尾和樹と山本一太