朝青龍は、またろくに両手つかんと立ちよった。

今場所からちゃんと両手つかなあかん、言うてんのに。

小ズルいやっちゃ。

このフライング同然の立ち会いで、朝青龍はのし上がってきよったわけや。

しかし、朝青龍の運動神経が抜群なことも事実や。

ひょっとしたら、凡人の目には止まらん早業で両手ついてんのかもしれん。



蝿は、蝿たたきでたたこうと思ても、するっと逃げてしまう。

蝿からしたら、人間なんかスローモーションに見えるんやろう。

蝿に向かって、「おまえは卑怯や、人間にたたかれるまでじっと待っとれ」言うてもしゃあないもんなあ。