言わぬが花

ちょいボケおやじのボケ封じ。問わず語りに語るブログに他意はなし。
言わぬが花とは、よう言うたもんや。あんまりつっこまんといてや。

2007年11月

時代は変わる

カンボジアにシアヌーク「殿下」ちゅうのがおったなあ。まだ死んだわけやないけど。

数奇な運命をたどった人物やった。祭り上げられたり、落とされたり。

ややこしい状況になると辞めるぞというて脅かしたり、どこかにこもって出てこんようになったり。

小沢一郎もこの際居直って、剛腕流からシアヌーク流へ、処世術を変えたほうがええかもしれんな。

ということは即ち、もはや自分が政界をかき回せる時代は終わって、祭り上げられるだけの存在になったということや。じたばたせんほうがええで。

壊し屋か壊され屋か知らんけど

鳩山法相の友達の友達ちゅうのは、小沢一郎のことか?

ところで、敵の敵は味方というが、

友達の友達は、やっぱり友達か。

なにやら数学の問題みたいやな。

結局もちつもたれつか

亀田兄弟がメキシコでどうしたとか、こうしたとか。いちいちテレビで騒がんでもええやないか。ほっとけちゅうねん。こういうのを見てると、「亀田問題」というのは、この子らの問題やのうて、実はテレビの問題やちゅうことがよう分かるわ。

シューシャンボーイ

「なんやかんや言うてるうちに、テロ特措法の賞味期限が切れてしもたな」

「原油価格が高騰してるこのご時世に、なにも給油だけが国際貢献やないんとちゃうか。ほかに知恵絞ったらええ。」

「洋上で自衛隊がアメリカ兵の靴磨きするちゅうのはどうや。お駄賃にチョコレートでももろたらええがな」

「なんのなんの。従軍慰安艦ちゅうのを派遣したら、もっと喜ばれるで」
 
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ