言わぬが花

ちょいボケおやじのボケ封じ。問わず語りに語るブログに他意はなし。
言わぬが花とは、よう言うたもんや。あんまりつっこまんといてや。

DISTINCTION

見分けがつきにくうて  29話

ちかごろ年のせいか人の見分けがつかんようになって困る。

たとえば、

スザンヌとイーデス・ハンソン。

区別つかんわ 27話

モンゴルへ帰省する朝青龍は無表情で、まさに能面顔やった。

親方の元朝潮も能面やった。

理事長の元北の湖まで能面になってしもた。

相撲協会の幹部はみな能面で、もう誰が誰やら区別つかんわ。

全員が「解離性障害」になったんちゃうか。

わしもモンゴルへ帰りたいわ

「急性ストレス障害」というよりも「解離性障害」ちゅうんかいな。なんでもええわ。見立てが変わっただけや。

それにしても、次から次に医者が出てきて物々しいことや。麻原彰晃の弁護団みたいになってきたな。

朝青龍も、ヒゲぼうぼうに伸ばしたら、麻原と見分け付かんのとちゃうか。

見分けがつかん  26話

ちかごろ年のせいか、人の見分けがつきにくい。
たとえば、
温水洋一とつぶやきシロー。

みわけにくいなあ  25話

近ごろ年のせいか、人の見分けがつかんで困る。

たとえば、

上沼恵美子と塚地武雅。

(昔は上沼恵美子とつんくやったけどな)

わからんわ   24話

どうも近ごろ年のせいか、ますます区別がつきにくうて…
たとえば、
今上天皇と永六輔の声。

見分けがつかん   23話

近ごろ年のせいか、人の見分けがつかんようになってきた。
たとえば、
三島由紀夫とルー大柴。
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ